schedule

     
 
   

 
     
   
プロフィール

 1977年8月2日、音楽家の両親のもと東京に生まれる。小児癌により生後1ヵ月で失明するが、音楽を聞かせると泣きやみ、メロディーを正確に再現し た。ピアノに玩具がわりに親しみ、4才半よりレッスンを始める。90年ウイーン国立音楽大学準備科に入学、Elisabeth Dvorak=Weisshaar教授に師事。

 94年チェコの盲人弱視者国際音楽コンクール、ドイツのエトリンゲン青少年国際ピアノコンクール(Bカテゴリー)で参加者中最年少で優勝、豊かな音楽性 を認められる。 95年アメリカのストラヴィンスキー青少年国際コンクール第2位。97年村松賞受賞。98年ロン・ティボー国際コンクール(パリ)第2位およびSACEM 賞(リサイタル賞)、シュピオンボノー財団賞を受賞。 99年都民文化栄誉章、出光音楽賞、点字毎日文化賞をそれぞれ受賞。00年ショパン国際コンクールワルシャワ市長賞受賞


 現在までにプラハ響、国立サンクトペテルブルク響、フランス国立管、ドレスデン歌劇場室内管、 ザルツブルク・モーツア ルテウム管、マーラーチェンバーオーケストラ、スロバキア・フィル、仏国立ロアール管、オストロボスニア室内管、ロイヤル・ストックホルム・フィル、N 響、読響、新日フィルなど数多くのオーケストラ、小澤征爾、ジャン・ フルネ、ガリー・ベルティーニ、ユベール・スダーン、アラン・ギルバート、小林研一郎、ゲルト・アルブレヒト、ファビオ・ルイージ、ダニエル・ハーディン グら数多くの指揮者と共演した。ライプツィヒ弦楽四重奏団とも重ねて共演している。近年はウォルフガング・ダヴィッド(Vn)とのデュオ活動が国際的な広がりをみせている。

これまでに日本、韓国、タイ、米国、ヨーロッパ各地(オーストリア、ドイツ、チェコ、スロバキア、フランス、イタリア、ロシア、スウェーデン)、南米 各地(アルゼンチン、 ブラジル、ウルグアイ、ベネズエラ)で演奏。
 
 NHK「芸術劇場」「クラシックアワー」「N響アワー」「毎日モーツアルト」「ぴあのピア」等テレビ、ラジオ出演も多い。キングレコード、アートユニオ ン、アゴラ(伊)、毎日クラシックス、ソナーレ より、モーツアルト、ショパン等、計10枚のCDが発売されている。


























 
 
 

 
星座 獅子座
好きな食べ物 鍋物など
趣味 自然の中での散歩、読書
好きな言葉 たゆみない努力の継続
老後 自然の中で小鳥の囀りを聞きながら過ごしたい
抱負 いつも幻想をもって感動しながら音楽をしていきたい

 


   
Copyright © 2005 Takeshi Kakehashi Official website. All Rights Reserved.